ターゲットが誰なのか考えて記事を書こう

 今日は、ブログや記事を書く際に重要なことを書こうと思います。

それはその記事は誰にあてて書いているのか?

読んでほしい人は誰なのかということです。

実際自分はそれがきちんとできているのかと問われれば、まだまだだなと思うことはありますが、それを認めたうえで、

前に進んでいこうと改めて感じています。

押し売りではなく、情報が欲しい人に情報を提供してその対価として収益につながる。

これは正常な流れであり価値の提供ということで何も問題はありません。

独りよがりからは卒業して、価値の提供を考えながら日々生活していけたら自分の存在価値も承認欲求も満たされ、

お客様にも喜ばれていいことばかりだなと当たり前だけど実現し続けたいことについて、

考えてみました。

届けたい人に届けたい情報、商品を自在にお届けすることが出来たら、みんな幸せになるだろうなと考えつつも、

それが簡単でないこともまた真理ですね。

ではまた。

ランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです!

ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです!


メルマガ・アフィリエイトランキング

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

メルマガもやってます。ぜひ登録お願いいたします。
     
メルマガもやってます。よろしければこちらから登録お願いします。
メールアドレス
お名前(ニックネーム可)
powered byメール配信CGI acmailer

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 高蔵 龍 より:

    はじめまして
    ブログランキングからきました。

    ターゲット設定って大事ですよね。
    私はサイトアフィリエイトを実践中ですが、
    どうしてもターゲットが散漫になってしまうことが多く、
    いわゆる検索ユーザーの意図を読み損ねて、
    質の低いコンテンツを作ってしまいます。

    記事作成の際には、明確なターゲット(1人)に対して
    書くを実践したいと思います。

    • よっしー より:

       >高蔵さん
       コメントありがとうございます!
      ターゲット設定って大事ですよね。
      それがずれてしまうだけで全くアクセスが集まらない記事になってしまいます。
      誰に対して何を勧めるのか、明確にしたうえで記事を作成することが大事ですね。
      難しいですが、そこをしっかり決めてから記事を書くなりコンテンツ作りをしないと、
      購入したい人に伝えられないことになります。
       
      最初の選定をしっかりやっていきましょう!